男性主人公

「私と一緒に住むってどうかな?」案内

幼馴染で親友の二人が、おじいさんが暮らしていたボロボロハウスをたまり場にしようと奮闘するお話。

  • 幼馴染で親友な主人公とヒロイン
  • ヒロインからの意識的なアピール
  • 色々と動揺しつつも優しさゆえに鈍感でいようとする主人公
  • 周りからはバカップルと認識される二人

 

現在2巻まで刊行

1巻感想

扇奈がんば!

DIY好きで手先が器用な劉生と不器用だけど料理だけは得意な扇奈が、古民家をリフォームし、放課後の居場所を作り始めるDIYラブコメ。

ギャーギャー言いながら仲良しな二人が楽しかったです。これはバカップルとして有名になるの仕方なし。

主人公劉生から見た扇奈の過去が語られ、その辛さっぷりに友達は劉生オンリー状態になるのも、劉生が彼女を異性として意識しないようにしてるのも納得したけれども、扇奈サイドだと恋愛する気満々というね。

扇奈の作戦は、本人へはなかなか想いが届きませんが、ライバルを減らす作戦としては成功してると思う、うん。

奏が、扇奈と仲良くなってくれるといいなぁ。

!以下ネタバレ注意!

2巻感想

扇奈にお友達が!

本格的にお家修繕DIYを始めた劉生と扇奈が、資材不足から山へタケノコ取りにいったり、服飾作成が趣味な奏の悩み事を解決しようとする2巻。

扇奈の押せ押せ作戦は続き、劉生も慣れてきてアーンくらいではツッコまなくなってくる2巻……あれ?夫婦かな?という仲良しっぷりを楽しめました。

扇奈のかわいさもよかったですね。劉生関連でおだてられると弱いとか、協力者ゲットで今後はコスプレ作戦も可能とか。表紙からかわいさが溢れてます。

扇奈の作る料理がどれも本当に美味しそうで、うらやましい。タケノコフルコースいいなぁ。

あとは奏の存在感が大きかったですね。扇奈は友達も好きな人も全て劉生だけ、他の人には興味ない状態でした。しかし今回、奏の困りごとを助けたいと自分から言い出したのは扇奈の大きな変化だと思います。扇奈と奏の暴走コンビ好きですね。劉生がツッコミを入れないと、どこまでも相乗効果で暴走し続けるという(笑)

今まで大切だからこそ親友として自分の気持ちに気づかないフリをしてきた劉生。そんな彼に変化が訪れそうな今後も楽しみです。親友で異性で相棒で天敵(つまりは弱点)で母親や妹的な存在でもあって感情多すぎてわかんないとか、扇奈より劉生の方が実は重いのかもしれないなぁなんて。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。