男性主人公

『戦鬼と戦姫の聖災戦争』案内

  • 鬼と鬼討ち、敵同士な2人が想い合う和風バトルファンタジー
  • 最強鬼でヒロイン大好き主人公
  • 最強鬼討ちなのに主人公に惹かれているヒロイン
  • 鬼討ち養成学園で事件も

現在1巻まで刊行

1巻感想

鬼の始祖の末裔童貴と伝説の鬼討ライコウの子孫一条朱璃は、敵対し戦い続けてきたけれど、お互いに惹かれ合っている2人。朱璃が鬼討の養成機関で囚われていると聞き、敵地に潜入した童貴の和風バトルファンタジー。

面白かった。主人公童貴の秘密や朱璃の事情、学園で起きた事件を追いかけるミステリー要素も少しあり、先の読めない展開が面白かったです。登場人物の会話は軽快で読みやすく、舞台設定はかなり凝ったものな印象。

童貴が朱璃第一主義なので、恋愛メインヒロインは間違いなく朱璃ですが、他の女の子たちも賑やかでよかった。朱璃をライバル視してる守銭奴リセが好き。童貴は、どんなピンチでもなんとかしてくれそうな頼りがいが感じられる主人公でよかったです。朱璃に関してだけは、視野狭窄になりがちだけれども。童貴と朱璃のわかりずらいイチャつきは殺伐ラブコメしてました。殺しにきてくれたから、ワンチャンお近づきにってどういうこと(笑)

2人の過去、鬼と鬼討の因縁など色々な謎が残されていて、続きもぜひ読みたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。