女性主人公

『無駄に幸せになるのをやめて、こたつでアイス食べます』案内

  • 大人女性2人の同居とお仕事と恋愛と
  • 優しく温かな登場人物たち(一部除く)
  • 10歳年の差、幼なじみとの初恋
  • 恋愛部分は甘さ満点

現在1巻まで刊行

1巻感想

仕事に熱中してきた初恋を拗らせてる莉恵子と、結婚して専業主婦として家事や介護を懸命に頑張っていたものの夫に裏切られ離婚した芽依。そんな2人が一緒に暮らし始めて、止まっていた初恋が動き出したり、新たな仕事探しを始めたりと前向きに生きていく物語。

女性2人がメインで、他の主要人物の視点からも語られていきますね。最初は倒れそうなほどに働く莉恵子、そして辛さしかない環境で自分では気づかずに消耗していた芽依と、生きるのって辛い……という始まりですが、一緒に暮らしだしてからは明るく優しい雰囲気になっていました。

一緒に暮らす時に莉恵子が芽依へ言った言葉が印象的。片方が甘えるだけの関係だときっと壊れてしまうから、ずっと友達でいたいからこそ一番近くて一番遠い他人になろう。優しさ、そして相手への大好きな気持ちが詰まった素敵な言葉だなぁと。

お仕事も映像クリエイターという全然知らない世界なので楽しかったですね。神代さんとの幼なじみ恋愛パートもよかったです。神代さんと一緒の時は恋する乙女な莉恵子が可愛かった。恋人モードの時の激甘、よい。過去が描かれる番外編も素敵でした。お友達ができてワクワクしてる蘭上くんの可愛さにも癒される。芽依の再スタートから、どうなっていくのか続きも楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。