ラノベ雑記

私がラノベにハマった理由

こんにちは!サキイカスルメです。

中学生の時に友達の紹介でラノベに触れてから、10年後に私はラノベ沼にどっぶりハマることとなります。

今回はそのことについてお話します。

仕事に慣れてきて、時間とお金に少し余裕ができ始めた私は思いました。

「本が読みたい!!」

その頃は読書から遠ざかっていたんですね。

さっそく、本屋に向かい恋愛、推理、サスペンスと面白そうかなと思ったものを手あたり次第読んでみます。

面白いものもありました。でもなぜかハマれない。

子どもの時のような読んでいて夢中すぎて、気づいたら夕方だったみたいな楽しさを感じれない。

モヤモヤしつつ、本屋を回っていた私の目に↓の表紙が飛び込んできました。

かなり有名な作品なので、ご存じの方も多いですよね。

私の印象は、「まず表紙のイラストがかわいい、あらすじの本が好きすぎて食べちゃう先輩てどういうこと……?」と。

すぐに購入し家で読み始めたのですが、面白くて楽しくて。夢中になって読んでいたら、時間があっという間だったんです。あぁこれだ!私が求めてた読書の楽しさってこれだった!!って思いました。

それからこの本があった棚を片っ端から見ていくことになり、ラノベというジャンルを知ります。少年少女の青春やラブコメ、バトルが面白いこと面白いこと。

ラノベブログを読むのにハマったり、自分で作ってみて挫折したり(このブログは2回目なんです)、読んだことのある巻を買ってしまい失敗みたいなことが重なり、読書メーターで感想を書き始めたりと。

ラノベ沼に見事ハマりましたね(笑)

文学少女はまだ感想を書いていなかった時に読んだ作品なので、感想として残ってはいませんが、今もとても大切に想っている作品です。それもあり、最近はじまったシリーズの『むすぶと本』はたまらないんですよね。

ということで、サキイカスルメのラノベにハマった理由は『文学少女』と出会ったからでした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。