男性主人公

『黒鳶の聖者~追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める~』案内

幼なじみパーティから外されてしまった【聖者】が再起していくお話。

  • 幼なじみ勇者パーティからの追放
  • 回復職の最高クラス【聖者】主人公
  • 【黒鳶の聖者】としてリスタート
  • お調子者だけど頼りになるヒロイン
  • 主人公を守りたい幼なじみヒロイン

現在2巻まで刊行

1巻感想

幼なじみは良い。

勇者パーティの回復職【聖者】だったラセルが、お荷物とされてパーティを外され、地元に戻ったら謎の魔術師シビラと出会い始まるお話。

主人公ラセルは題名にもある黒鳶の聖者として目覚めてからが、強かったですね。力の使い方がわかってなかっただけで、最初から規格外の力を持っていたわけですが。精神的にもかなり辛そうだったので、シビラの明るさに救われてよかったなぁと。

シビラは、美女なのに残念な言動(やるときはやる)というのが好きですね。エミーとラセルの守り守られる幼なじみ関係もツボです。

勇者パーティは、精神面で支えになっていたラセルが抜けたら、それはそうなるよだろうなという感じで、ジャネットが心配。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。