女性主人公

「虐げられた追放王女は、転生した伝説の魔女でした」案内

  • 精神的おねショタ!
  • 伝説の魔女だからといって、万能ではない
  • 人を超越した存在の孤独
  • 主従の絆と愛

現在1巻まで刊行

1巻感想

かつて伝説の魔女だった王女クラウディア、彼女に拾われた黒曜石のような瞳を持つ少年ノア。すぐお眠になる女の子と、献身的に支える男の子の絆のファンタジー。

よかった!精神的オネショタじゃないですか、しかも主従の絆の物語とか大好きなんですけれども(テンション高)主人公王女クラウディアは6歳、少年ノアは9歳。実年齢はノアの方が上なんですが、クラウディアは16歳まで生きた前世を思い出すので精神的にはお姉さんなんですよね。お姉さんから可愛いと言われることを嫌がっていじけてしまう少年の可愛らしさよ。振り回されながらも、彼女を守れる存在になりたいと必死になるノアがよかった。

物語としても面白かったです。ノアの成長はもちろんとして、崇拝されるほどの強い力を持つ魔女だったクラウディアが色々な人と6歳の子どもとして関わっていく中で、彼女自身も成長していくお話なのかなと。クラウディアのあざとい幼児演技も可愛かった(笑)最強な強さを持ちながらも、眠くなるとか今の身体の限界など制限があってハラハラする場面もあったのがいい。力を使わせないように、クラウディアのお世話をするノアが献身的ですよね。敵対する人はいますがざまぁっぽいシーンが少なかったのも、個人的にはありがたかったですね。

メイン2人以外の登場人物も魅力的で、カールハインツと兄王子ヴィルヘルムが好き。ヴィルヘルムめっちゃいいお兄ちゃんじゃないですか、お兄ちゃんポイントすごく高かったです。

恋愛より更に深く愛と絆を描いているのがとても好みでした。続きも楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。