男性主人公

『隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった』案内

お隣に引っ越してきた帰国子女な女の子をなんだか放っておけなくて、交流を始めるお話。

  • 主役二人の関係がメインのラブコメ
  • 甘くて爽やか、そして癒し
  • 誠実で優しい主人公(ヒロインには甘い)
  • 帰国子女で一見クール美少女ヒロイン
  • ヒロインが心を開いて仲良くなっていく二人を見守ろう!

現在3巻まで刊行

1巻感想

癒されたー!

一人暮らしにも慣れた高校二年生片桐夏臣が、海外から留学してきた美少女で部屋がお隣さんなユイと交流していくお話。

面白かったです。主人公夏臣のさりげない優しさと徹底したユイへの気遣いが素晴らしかったなと。あくまで自分がやりたいことでワガママなんだということにして、相手に気遣わせないようにとか、配慮がすごい。

ユイは、気を張りすぎて折れてしまいそうな危うさが心配でしたが、中盤以降の良い変化っぷりに安心しました。特に猫カフェでのはしゃぎっぷり可愛かったなぁ。

!以下ネタバレ注意!

2巻感想

甘さとふんわり感。

お隣さんとして信頼関係バッチリな二人が、新たな出会いや花火デートで自分自身の気持ちへ向き合う2巻。

これは、ニヤニヤが止まらないタイプの甘さだったなぁ。癒しのかたまりみたいな夏臣とユイのやりとりが満載でした。甘々だけど、爽やかで優しいのが好きですね。

湊という新しい友達、しかも素を見せたり悩みを話したりもできそうな友達ができたのも、よかったなぁと。1巻からの苦悩を知っているとなおさらね。

言葉にしなくても気遣い合える夏臣と慶の友情も素敵でした。

恋心を自覚した二人が、今後どうなるのか楽しみです。

3巻感想

タイトル回収!

自分の恋心を自覚した二人が、夏休みで海へ行き、福引で当てた温泉旅行へ行き、そして関係を変化させる3巻。

海遊びまでの時点でもひたすらにイチャイチャしてて、いいぞもっとやれ!と思ってましたが、旅行でピークを迎えましたね。自分の気持ちに向き合った後の流れとして理想的だったんじゃないかと。

やっぱり主人公夏臣の優しさが素晴らしくて、甘さMAXでも爽やかなんだよなぁ。ユイは、ひたすらに可愛かったです。夏臣といるとクーデレラの見る影なしで(笑)

旅行での「二人がここにいるのは偶然なんかじゃない」という夏臣の言葉と地の文の語り、そしてその言葉を聞いた後のユイの想い、そして同時の告白、これが本当に美しくて、胸が詰まりました。

その後の彼氏彼女スタートの初々しさやタイトルの合鍵を渡すところもよかったです。1~3巻までじっくりと二人が仲を深めていく物語、大満足です。

あ、続いてくれるなら甘さ全開な二人の今後も読みたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。