女性主人公

「声優ラジオのウラオモテ」案内

  • アイドル声優+現役高校生たちが主役
  • 正反対な2人が喧嘩しながら、ライバルであり親友になっていくのがいい!
  • 夢に悩む女の子たちの努力と葛藤が熱い
  • ファンの熱い想い!
  • 声優好きを拗らせた声優

現在7巻まで刊行

1巻感想

ギャルな由美子と地味な千佳。実はアイドル声優(キャラ作りバッチリ)『夕暮夕陽』と『歌種やすみ』な2人が、一緒にラジオ番組をやる青春声優ストーリー。

仕事への矜持、ライバルへの劣等感、色々な感情が入り交じってそれでも前に進む姿が眩しくて素敵でした。面白かった。正直、最初の2人の険悪な女子感満載のやり取りは、辛かったんですよ。特に千佳の攻撃性は不可解なほど強くて、ひたすら痛い言葉と態度を見るのがキツくて……。ただ、それに最初はカチンときて言い返していた由美子が千佳の言動に慣れてきたくらいから、私も慣れてきました。由美子の明るい性格もよかったですね。あとは千佳の言葉の裏側を読み取れるようになってきたのも大きいのかも。千佳の嫌いは、きっと羨ましいとか勿体ないとかの意味なんだろうなと思えてからは、可愛く思える不思議。これが絆されるというやつなのか。

コロッケを食べに行ったり、お泊り会をしたり、歩みよりお互いへの理解を深めていく2人が微笑ましかったです。高校生で勝負の世界に生きている2人だからこそ、唯一無二の親友でありライバルになっていく展開は熱くていい!胸が熱くなる場面もあり、心から2人を応援したいと思えました。

続きも読みます。

!以下ネタバレ注意!

2巻感想

裏営業スキャンダルが何とか収束、「コーコーセーラジオ!」も続行決定、でもアイドル声優を辞めた代償は重いもので……。声優生命のピンチに悪戦苦闘する2巻。

1巻は感動的な終わりだったけれど、それはそうだよねという後始末と厳しい言葉から始まる2巻でしたね。初登場の先輩めくるちゃん。2人の周りには優しい仕事仲間ばかりなこともあり、正論でも言い方がかなりキツく怖い人という印象でした。ただ、変装バレで一気に印象が変わりました。積み上げてきたものをぶち壊すようなやり方は、これまで彼女たちを応援してきたファンにとって受け入れがたいのは当然だよなぁ。今まではあくまで声優目線の物語でしたが、彼女の吐露によってファン目線が追加され、更に面白かったです。好きだった人がこれまでの自分自身を否定し変わってしまったら、もう好きだったあの人には会えない、そんな切ない気持ちが痛いほど伝わってきました。

だからこそ、終盤のファンたちの行動と言葉、それに応える2人の姿、全てに胸を打たれました。端的に言うと、号泣です、はい。しかも、最後に現れたのがめくるちゃんというのが熱すぎる!声優仲間としては先輩としては大嫌い、でもファンとしての自分はやっぱり2人が大好きだから絶対に辞めさせない!身体を張ったエールが眩しくて素晴らしかったです。

最高に心揺さぶられた2巻でした。

続きも読みます。そろそろ、心休まるほのぼの回も入れてくれていいんですよ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。