男性主人公

「怪物中毒」案内

  • サプリを飲むと獣人化できる街の殺人事件を追う
  • 主人公は人ではない存在
  • 能力を使ったバトル
  • お姉さんに飼われてそうな顔のいい主人公
  • 友人たちとの高校生活もあり

現在1巻まで刊行

1巻感想

怪物サプリを飲んで獣人に変身し好き放題にできる無法地帯のスラム街【仮面舞踏街】。その街の掃除屋をしている本物の【怪物】少年零士。相棒の狼男月と街から出て普通の高校に転入した彼の、新たな出会いと事件(仕事)ダークアクションファンタジー。

ウイルスの流行によって変わってしまった日本が舞台で、現代要素も混じりつつのファンタジーかなと。事件や新たな出会いと共に主人公のバックボーンも少しずつ語られるので、独自の言葉や世界観があっても読みやすかったです。簡単に人が死ぬハードさは好みが分かれるかも。

零士は謎が多い主人公。普段の人としては少しズレている可愛さと、決める時のカッコよさにギャップがあってよかったです。おとぼけワンコ月とのコンビもいいですね。彼が普通を渇望する理由に妹の存在があって、シリアスな回想なのに作者さんらしいなぁってなりました(作者三河ごーすとさんは義妹生活や妹がヒロインもしくは重要な存在として描かれる作品が多いです)妹はいいですよね、うん。

今巻でヒロイン?友人?になる女の子たち命と蛍、2人の個性もよかったです。命は最初ツンが強いと思ったけれど、自分の中で一本筋が通っている気持ちのいい子で好き。蛍は真面目過ぎて天然なところが可愛かった。ドリンクバー理論で薬は作れないのよ(笑)あと胡散臭いおじさん好きなので、社長も好き。

最後の数行が爆弾すぎて先を心配しつつ、続きも楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。