女性主人公

「手札が多めのビクトリア 」案内

  • 凄腕工作員だった女性が、組織を脱走して新たな人生を始める再生の物語
  • 主人公が強い!とにかく強い!
  • 頭脳戦も物理戦もお手のもの
  • ただし価値観とかはやっぱりズレてる
  • 守るものができるということの意味
  • 家族や愛を得て、普通の幸せな生活ができるのか

現在1巻まで刊行

1巻感想

ハグル王国の工作員だったクロエは脱走し、隣国アシュベリー王国の一般市民ビクトリアになった。ひょんなことから少女ノンナを保護し、彼女とともに幸せな生活を目指すビクトリアが生きていく物語。

工作員だった主人公ビクトリアが、色々な人と出会い、新たな家族も得て諜報活動の偽りの自分ではなく本当の自分として生き直す再生のお話なんだなと思いました。

面白かった!好き!

昔の自分を見ているようで放っておけなかったノンナとの、姉妹のような親子のような関係性がよかったです。ビクトリアがどんどんノンナの可愛さにメロメロになって、可愛いからこそ護身術をと、色々教え込んでるのが微笑ましかった。もう護身術という範囲は超えてる感じはするけれども……。

老若男女の優しい人たちにほのぼのしました。偏屈なおじいちゃんおばあちゃんから好かれるビクトリアとノンナの可愛さよ。そこにクラークも加わると最強の可愛さでしたね。私も演劇を見たら、可愛さに涙する可能性あるなとなりました。

打って変わって組織から追われている緊張感、ビクトリアの強すぎる工作員としての力が事件を見逃せないという部分も面白かったです。第二騎士団団長ジェフリーとの惹かれ合いながらも、お互いに一歩踏みだせない恋愛模様もよかった。頼り頼られる家族ができたビクトリアは、どんな手札を使って生きていくのか、今後が楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です