男性主人公

「見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん」案内

  • 小さい男の子と大きい女の子2人のコンプレックスラブコメ
  • 少しずつ仲良くなる初々しさ
  • ひねくれ、でも押しに弱い主人公
  • 乙女で可愛く頑張るヒロイン
  • 主人公もヒロインもどっちも最高に可愛い!!

現在1巻まで刊行

1巻感想

好きな女の子から低身長を理由にフラれて以来、すっかりひねくれてしまった中学生下野水希。そんな彼をなぜかかまってくる高身長女子高瀬菜央。コンプレックスを抱える少年少女のラブコメディ。

面白かったー!身体的なコンプレックスを取り扱いながらも、ひたすら可愛い高瀬の存在に癒され重すぎることなくて、読みやすかったです。人と違うことへの劣等感は、学生の時は特に強いよなぁ。

主人公下野のひねくれっぷりは、思春期らしい可愛らしさで微笑ましかったですね。ヒロイン高瀬は、すごくいい子!可愛くて優しくて大好き。

お話は、最初の連絡先交換から初々しさ満点でよかったです。クレーンゲームのところが特に好き。下野くん、かっこよ!ぬいぐるみでお話する高瀬ちゃん、かわよ!ってなりました。その後のすれ違い、そして2人のコンプレックスと高瀬がなぜ下野にかまっていたのかがわかる終盤も素晴らしかったです。心無い言葉で傷つき変わってしまった下野が、昔の自分ともう一度向き合い、そして前向きに動き出す姿に、感動しました。あとは、悩んでるときのお姉ちゃんの「あんたは、人が痛いって思ってるときに、自分も同じように痛いって思える」という言葉が、印象的。下野は優しい弟だという姉からの信頼が、その一言ですごく伝わってきました。

2人がこの先どうなっていくのか。続きも読みたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。